トップページ > 書籍一覧 > 午前零時の自動車評論 11

午前零時の自動車評論 11

有料週刊メールマガジンとトークライブで自動車評論を発信する「モータージャーナル」“沢村慎太朗FMO”に書いた自動車評論を著者自ら編集・加筆した1冊です。

デイトナが時速300kmで走る時の抵抗は馬力にして370馬力。駆動系ロスを入れると411馬力ほど要ることになるのである。

サイズ ペーパーバックサイズ
272ページ
ISBN978-4-904076-56-9
定価1,620円(税込)

発売日:2016年8月8日頃発売(予定)

目次

8代目アルト試乗記
日本が知らない激闘局地戦 〜アメリカンV8の最前線
GT40の子供たち 〜ロータス・ヨーロッパ誕生秘話
アルピナが分からせてくれたこと 〜D3と3シリーズ
アルピナの本懐 〜D5ターボ試乗記
最新CFPR報告書
静かなる退場 〜ジウジアーロ伝
悲しき一軍半 〜VWパサート試乗記
黒輪の轍跡 〜タイヤとタイヤメーカーの歴史を紐解く
ミッシング・ファンダメンタル 〜ホンダS660試乗記